第六感系男子TTTenが見る世界

理系占い師tenが占い、スピリチュア、留学、吃音、自己啓発のことなどについて自己満足のために語るためのブログ

一日一食生活のすゝめ

おはようございます。第六感系男子tenです。

今回は私が実践してる食事法[一日一食生活法]についてシェアしていこうかなと思います。

一日一食生活ときくと、

「健康に悪いんじゃないの?」

「拒食症なの?」

「絶対続かないよ」

と言われそうですが、

実はこの一日一食生活は芸能人をはじめ、取り入れる方が増えてきています。一日一食で生活されている方の多くが、一日一食に肯定的ですし、一日一食が体に悪いなどという話をまったく聞いたことがありません。

そのため、

健康的に問題はないかと思います。

f:id:Ten-blog0530:20190823022818j:plain

 

 

 

 

tenが一日一食生活を始めた理由

私が一日一食生活を始めたのはちょうど三か月前です。たまたま一日一食生活に関する記事をネットで見かけ、

"もともと一日二食生活だし、一食分減らすだけ。なにより面白そう"

という安直な理由で始めました。

以前から、従来の食事法(一日三食)に疑問をもっていたというのもありますが、、多くの方が「一日一食生活はデメリットよりもメリットの方が多い 」と主張されていたためすんなりと始めることができました。

では、この三か月間どのような生活を送り、どう感じたか以下に書きたいと思います。

 

一日一食生活(1日目~7日目)

一日一食生活を始めて一週間目までは、ものすごく空腹感を感じていました。一日一食生活を始める前までは、一日に三食または二食とっていたわけですから、それもそうなのですが(-_-;)

最初の一か月目は空腹のあまり、お菓子類、ジュース類の飲食をしていました。

体重に関してですが、一週間では全く痩せんでしたした。

一日一食生活(8日目~30日)

少しだけ、体が慣れてきました。しかし、日中に空腹感がでるので、おかしやジュースの飲食はしていました。

一週間のうち、4日間は一日一食生活を残りの三日間は一日二食で生活していました。

体重はさほど変わらないと思います。また、胃が小さくなったのもあって成人男性一食の食事量に匹敵する量を食すのが少し大変になりました。

一日一食生活(一か月経過)

一日一食生活を始めて一か月経った頃にお菓子類、炭酸飲料(炭酸水除く)、フルーツジュースの類の飲食を一切やめました。

ある記事で、お菓子類、ジュース類の飲食をすると一日の生産効率が落ちるという記事を目にしたからです。

一週間に一回から二回ほど一日に二食べていました。

一か月経って少しだけ、痩せました。一キロ前後

一日一食生活(二か月、三か月目経過)

二か月目からは完全に一日一食生活に慣れ、一日に二食食べることはなくなりました。また、お菓子類ジュース類の飲食をする習慣もなくなりました。

また

一日一食生活を始めて、一か月目まではあまりやせなかったのですが、三か月目くらいたつと目に見えて、痩せたかなと感じました。

三か月目で一日一食生活が完全に習慣化しました。

三か月段階で、体に不調がきたというのはないです。

 

一日一食生活のメリットとデメリット

三か月続けてきて、一日一食生活のメリットとデメリットがわかってきましたので、それについて言及しておきます。

メリット
  1. 食費がかからなくなる(節約)
  2. 太らなくなる(むしろ痩せる)
  3. 時間が増える
  4. 食後に眠くならない
  5. 体が効率の良いエネルギーの使い方を覚え始める
デメリット
  1. 便秘になる
  2. 心配される
  3. 栄養バランスを考えないといけない

 

今のところはこの程度です。ten的にはメリットの方が多い気がしたので、未だに一日一食生活を続けています。

 

一日一食生活のルール

 

一日一食生活を続けて三か月間でちょこちょこ気づきがあったので、一日一食生活のルールとしてここにまとめておきます。

  1. 一日一食のため、食べる量を気にしない
  2. サプリ、青汁等を摂取する
  3. どうしてもお腹が空いて、動けそうにないなら食べてよし
  4. 栄養バランスの良い食事を心がける
  5. 一日一食生活が辛い日は一日二食にする
  6. 友人に外食を誘われてもできるだけ断らないようにする(人間関係優先)
  7. 一日一食にするのが辛いなら、一回の食事量を減らす
  8. 家・部屋にできるだけ食べ物を置かない
  9. 食事に関してずぼらになるように心がける
  10. 一日三食=健康的という概念を捨てる
  11. スーパーに必要以上に行かない
  12. 筋トレを始めてみる(空腹時)
  13. 家族・友人に一日一食の話はしない(心配される)
  14. 炭酸水を飲んでみる(おなかにたまる)
  15. 食事は昼(外食派の人)か夜(自炊派の人)がおススメ

上に書き留めたことを意識しながら三か月間生活すると、確実に一日一食で生活できるようになります。

まとめ

いかがだったでしょうか??

まだ三か月程度ですが、健康的に悪影響はなく、むしろ以前より体の調子がいいような気がします。

  • 自分の時間を増やしたい
  • 食費を抑えたい

と思っている方は特にお勧めです。食事量もミニマイズしてみてはいかがでしょうか?